ps.海外ドラマニア 

 最初に全シーズン見たのは<ST TNG>
その後super channel(現super drama TV)で帯で<ホミサイド殺人捜査課 HOMICIDE:Life on the street>を視聴。
雷に打たれるような衝撃と感銘を受け、今では海外ドラマ(主にアメリカ)にどっぷりです。
 視聴済み・視聴中ドラマ(現在230以上)一覧はカテゴリの「視聴したドラマ」からご確認下さい。ディズニー系専用の一覧も作っています。
 海外ドラマはジャンルにこだわらずオールジャンル好き。文化学としても興味深い。
 20代前半で3桁に及ぶ数を見ていたことが、私の最大の売りで武器で、つまりアドヴァンテージ。
たまに服の話もします。

1週間感想マラソン スパドラ Dlife メイン

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


お久しぶりです。
生きてますよ。
なんか色々余裕がなかっただけです。

えーっと、最近のドラマはまぁ、見れるチャンネルのものはたいがい見ているのですが、

まず、月曜

NCIS。
安定して見れる。
Dlifeさんありがとう。
多分、ちゃんと輸入してくれるんだろうなぁ~、と思っています。
内容的にも、「結局そこだったのかよ」的な事件の真相やキャラクターたちの掛け合いの妙に垢抜けすぎずなとこがまさにJAGで見たベリサリオさんで安心します。
何でトニーはあんなに幼稚なんだろうか?笑
いつまでバド…じゃなかった、ベリサリオさんの息子さんは新人呼ばわりされるんだろうか?
イタリア系もMacってつくのも好きだなぁー。
とにかく至るところが安定のベリサリオさん。

クリミナルマインド。
待ちに待ってた!
えげつないー。
相変わらずえげつないけど、これ相当の褒め言葉!!
ホイエットがホッチを刺しているシーンはどう見ても強姦にしか見えなかった。ググったら他にもそう言っている人がいた。
心理的にもそうなのは確か。
私からすると、<ドーソンズ・クリーク>のアンディな訳だけど、奥さんのヘイリー本当に不憫。
家族の命がそうそう狙われてたら、連邦捜査官は家庭を持てましぇーん。
彼女は何だかんだで人気ドラマ?な<ドーソン>を降板してどうしちゃうのかと思っていたら、結局いい方向に進んだとは言えないなぁ。
あのドラマで出世頭は言わずとしれたケイティ・ホームズで、次がジョシュア・ジャクソンだろうな。
ジョシュアは<フリンジ>に出る前までは、人気女優を捕まえるプレイボーイ(ひも)みたいに思ってたけど、まぁ、いっか。


火曜

GRIMM
顔が動物に変わるドラマなんてこんなものよね~と思いながらもモンロー関連は面白いと思っていたわけですが、
ニックがモンローとロザリーの為に人間の法を曲げてからますます面白くなりました。
このドラマに関しては「水戸黄門ってこんなものよね」と言うよりは「橋田壽賀子ドラマってこんなものよね」に近い感覚で見た方がいいんでしょうね。


水曜

メンタリスト
ジェーン一人勝ち。
と言うか、サイモン・ベイカーの魅力で牽引。
と思っていたら、チョウとサマーと言うダークホース登場。
チョウがイケメンだったら申し分ない気もするけど、まぁ、そこがいいのかな(笑)

コールドケース
安定のコールドケース。
スタッフがあれで面白くないわけないんだけど、元々の設定上「せつない、やるせない、救われない」と言う後味を感じてしまう危険性をはらんでいる。
個人的にはおじさん捜査官たちの存在がいい。安心する。


木曜

Dr,HOUSE
面白い。
よくもまぁ、珍しいケースばっかり来るなぁ、と言うこと以外何の不満も無し。

ゴシップガール
バート再登場からまた、がらりと見方が変わった(良い意味で)
奪還作戦はあまりに簡単すぎたとは思うけど…。

BONES
面白い。
何の不満も無し。
やっぱり、社会適応ぎりぎりのプロフェッショナルが主役だと不満もないし面白いよなぁ。

ワンス・アポン・ア・タイム
うーん。
設定が設定だから、まぁ、、、
まだ1話しか見てないので、今から期待!
ヒロインの声優さんは意外でした。


金曜

スパナチュ
相変わらず。
このまま頑張って欲しい。

グレイズアナトミー
相変わらず。
このまま頑張って欲しい。

プライベート・プラクティス
アリソンもったいない。
と、毎週思ってしまう。
専門医免許3種だっけ?
もったいないよね。
アリソンに関しては、不倫だの何だのやんちゃしたなぁーと言うイメージで決して良いイメージが付いている訳じゃないんだけど、やっぱりLAにきたらそんなのどうってことない!って感じになりますね


日曜

CHUCK
やっぱり国の雇いじゃ無くなったことに関しては残念なんだよなぁ。

ブログランキング

↓のバナーぽちっと押していただけたら♪とっても励みになります☆

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


管理人の視聴済み・視聴中ドラマ(現在230以上)一覧(前半部分)はこちら

リベンジ EP15 報復“鬼の目にも涙”         #kaigaidrama

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


そっかぁ、エミリーこんなになるんですねぇ。
前回のラストのタイタニックの時でも、アマンダがエミリーのことを本当に姉妹だと思っているのが分かってグッときましたが、あぁ言う回想シーンを入れてこられるとねー。
しかも、その後自分にとって実の妹にまで「あなたがいてアマンダは幸せだった」と言われてますからね。
エミリー(アマンダ)あってのエミリーで人生と名前を取り換えて協力してもらっていても、第1シーズンなんて本当に復讐計画に邪魔だったし、結局、子供を作ってジャックまで奪っていったアマンダ。
だけど、姉妹。
複雑です。
色んな複雑な感情が入り混じっての涙なんだろうなぁ、と…。
愛だけじゃなく、愛憎でしょうね。
特にあの最期だと罪悪感もかなりなものでしょうし。
それでもエミリーと出逢って幸せだったのか、エミリーと出会う事なくストリップでもしていた方が幸せだったのか…。うーん。

そんな事を考えながら視聴していたら、ロケットに貼ってあった2人の写真にエミリーが気付きました。


ついにノーラン、キャリオン完成。
ここまで復讐陣が結託するとは…。
このシーズンが始まった時、エイダンはともかく、パドマまでこの輪の中に入るとは思ってもみなかったです。
そしていつまでも、何となく参加しちゃってるように見えるノーラン(笑)
デヴィッドに恩があるとはいえ、それはエミリーにお金を渡してるところで、もういいでしょうからね~。やらない事も出来た。
逆に言えば美味しいポジション何ですけどね。


ラストの方で、アマンダが復讐を考えていたと思ったジャックが、復讐だの何だの分からなくなったとエミリーに話すのが、切なかったです。


ところで、新しくバーン・ゴーマンさんが出ていましたが、えーっとえーっと、ギャラクティカ?とか思っていましたが、そうか!<トーチウッド>か!!!
イギリス人なんだと信じ込んでいたけど、きゃりふぉーにぁー(OCでお願いします)生まれ。
年齢不詳だと思ったけど、今年で39歳。
ふ、ふけて…る…。
ブログランキング

↓のバナーぽちっと押していただけたら♪とっても励みになります☆

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


管理人の視聴済み・視聴中ドラマ(現在230以上)一覧(前半部分)はこちら

お久しぶりです、とか…。<ザ・ミドル>とか…。

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


なんとなーく、今までのようなエピソード解説タイプのブログに疑問を持ち(いやいや、それ繰り返してきてるからね/笑)しばらくお休みしてました。
したためておきたいことはそういうことじゃないよな、と。

まぁ、私のブログ方針とかそういうものは今は置いといて…。

<ザ・ミドル>@Dlifeの初回放送を逃した私はこの間からの再スタートを見ているのですが、なるほど、いいね。
笑い声が入らないコメディってのも新鮮です。
ウィキによると「不況の世の中に合っている」と本国で評価されてるようですが、まさにそう。
あの手の内容で、笑い声は入る必要ないですね。

今まで、シットコムって言うと、金持ち設定はなくとも何かしら派手できらびやかでしたが(あ<フレイジャー>は人気ながら地味か)このドラマは“こども”が3人もいるのに地味。
何か新鮮です。

今回こそ子供たちが何か成功する!と思いながら見ても、結局だめー。
いつの間にか「期待できないこと」を期待するようになります。
そんでもって、きっとそこなんでしょう。
製作陣が期待してる事こそが。

長男のアレックスの設定だけは、スポーツが出来るイケメンでチアガールにつねに取り巻かれてるのかと思いきや、まぁ、ティーンの男子女子なんてあんなもの。
チアリーダーのブロンド美人の彼女がいて、大会を大学のスカウトが見に来るなんて事もなし。
キラキラしたドラマのキャラや日本の2次元のキャラのようにはいきませんね。

スーは特技が何もないと言うけれど、本当に何もない。
元も子もない。
(あ、訪問販売は得意でしたけど…)

ブリックはウィキに「明るい」と書いてあったけど、彼は決して「陽気」ではなく「物事を前向きにとらえる」だけ。
この『特徴』を英単語だと同じ単語で言い表す事もあるだろうけど、日本語で「明るい性格」と書くとニコニコして良く喋り笑いが絶えない様子を思い浮かべちゃうので、なんか違うなーっと。
あれを書いた人はドラマを見てないのかな?
見ずに何かを翻訳したとか?

お父さんは超背が高いし、お母さんがいちばん美人だね。
きっこさんわーい。

管理人がそろそろ「明日のために寝なきゃモード」になってきたのでお後がよろしいようで。

ブログランキング

↓のバナーぽちっと押していただけたら♪とっても励みになります☆

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


管理人の視聴済み・視聴中ドラマ(現在230以上)一覧(前半部分)はこちら

リベンジ2 第9話「露見」                   #kaigaidrama

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


#9 露見


面白い。
ここにきてやっとエミリーとノーランの目的…と言うか、ノーラン自身にとっては特にメリットもないと思われていたこの復讐劇から得られるメリットが見えました。
でもここで、改めてジャックの方は関連あるんだっけ?ただのサブストーリー?と思ってしまうのですが、うーん?


ここまで策に策…となると本当に面白いですね!
今回新しく使われたコマは、取締役サルバトール・グロベット。
奥さんが資産家でここまで来れた男、と最初から言われていたので、どう見えても雑魚にしか見えない(笑)
まぁ、案の定長い方に巻かれました。

ノルコープ買収話でダニエルがCEOになるために、ノルコープ買収話を実際のものにしなければなりません。
そこで、前回登場したマルコ(元彼で元CFO)をダニエルが連れて行きます。
現エミリーの方のアマンダに大金を渡した事をダニエルに知られたくないノーランに、ジャックと結婚した現アマンダの生活を見てお金が渡っていないと思っているマルコ。
2人の考えていることは違いますが、とりあえず、表面上ダニエルの思惑通りに進み、それまで49%だった株式譲渡が51%上がりました。
買収成功ですね。
取締役サルバトールへのアピールも上がります。

夫婦はダニエルへの命の危険を考えて何としてもダニエルのCEOを止めたいところです。

エイダンの助けでダニエルが着実に成功するにつれ、アシュリーがエイダンを離しにかかります。
そこでエミリーは、昔アシュリーが一度クビにされた時に、コンラッドと寝た時の動画をヴィクトリアへ送付。
すると、ヴィクトリアはエミリーの予想に反し、それで脅してアシュリーをサルバトールの元へ送ります。
ダニエルを支持しないように説得するためです。
しかし、エミリーとエイダンがそれを見ていたので、エイダンがダニエルをホテルに呼び付け、部屋でガウンになっている現場を押さえさせました。
ここでアシュリーVSエイダンはエイダンの勝ち。
アシュリーは女も使ってダニエル切り離しにかかっていたエイダンに逆に切られました。
ダニエルはサルバトールの方も、奥さんの資産を失った上に莫大な慰謝料を払わされるのは嫌だろうと脅して、もうこの時点でCEO就任決定に…。

投票でもCEOになれたダニエルですが、今度はダニエル自身が「ノルコープ買収で収益が3割上がるから取締役は代わらない」と言い出し、エイダンを切りました。
収益が上がったんだからエイダンの方はタケダに見てもらう事が出来る、と言うダニエルは、エイダンをどう見てるんでしょうね?

ノルコープのほうでは自分の所為だとパドマが悔やんでいますが「倍にして返す」「内側からが攻めやすい」と強気のノーラン。
ちゃんと策もあるのかな?
これまでエミリーの手伝いだけだったノーランも、やっとここで自分のビジネスの上でもグレイソンを潰す理由が出来ました。
これは大き過ぎてどうなっていくのか?
そしてだんだん闘わなきゃいけない相手が身近な人物へ移り変わっていく。

それはアメリコンと夫婦にも同じ事で、最終的にアメリコンは「仲間として歓迎する」と言うカードと時計(カメラ付き)をダニエルに送ります。
ほぼエミリーが仕組んだ事なのに、エミリーがする事すべて「アメリコンの仕業」と言っていた夫婦が面白かった。
ただ、実際にアメリコンが出てくるとダニエルも心配ですね。
今回最後の最後でエミリーに「大切な話」として電話をかけてきたヴィクトリアは、次回予告によると、エミリーにダニエルとよりを戻してそっちから操縦しようと思っている模様。
アシュリーが出て行ったあと、アシュリーとのツーショット写真は消したのにエミリーとの写真は残しておくダニエルはエミリーを相当好きなんでしょうけど、そうなると何かエイダンが可哀想だなぁ、と…(苦笑)

面白いです!
ブログランキング

↓のバナーぽちっと押していただけたら♪とっても励みになります☆

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


管理人の視聴済み・視聴中ドラマ(現在230以上)一覧(前半部分)はこちら

デスパレートな妻たち8 第7話「高い代償」

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
第7話 高い代償 ALWAYS IN CONTROL


 えーっと、本編より衝撃の次回予告で全てが吹っ飛びました。


 ソリス夫妻がもしも皆逮捕されたらの時の事を考えて、子供たちの後見人にボブとリーがなってくれないか画策したり、そして、近所でモンスターと恐れられる娘達を上手くいい子に仕立て上げたつもりだったのに、最後の最後にやらかしたのは、実は親の変化を見抜いていたのが原因だったり…。

 リネットがよくある「子供に対して夫や別離の後に出来たお友達の事を悪く吹き込んで子供を夫から遠ざける」と言うのをやってしまったけど、ペニーの父トムむ対するよそよそしい態度等々を見て、自分が悪かったと過ちを認めたり…。

 いつものように皆に主導権を握らされたブリーは、差し入れを持ってベンを探りに行くと、遺体を隠している事を聞かされ、警察に言うのを止めたい為に告白して目を瞑ってもらおうとするんだけどその時は聞き入れてもらえず、でもでも、元カレジャックがブリーに酷く詰め寄っているのを見て撃退した揚句、遺体遺棄をマイクに頼んでくれたり…。

 マイクが遺体遺棄現場の上をコンクリで固めるのを見守って、さぁ、一安心…ってところで、今回、絵が全く描けず、アンドレには散々嘘をついていて抱えているものを出してない等々なじられていたスーザンが、自分だけ仲間はずれだったのを知って逆上したり…。

 そして、キャンバスに向かったスーザンは、次回予告の中で森で4人で遺体を眺めるシーンを大きな絵にしたためていました。
ブリー曰く

「挿絵つきの自白じゃない」

言い得て妙です。
さすがブリー。
そしてさすがスーザン。
どこまで暴発ぷっつんおばかなのか(視聴者は当然分かると思いますがスーザンに対するこの言葉は褒めてます)

挿絵つきの自白(笑)
それが、展示会みたいなところに飾られるのだからたまりませんね\(^O^)/

ブログランキング

↓のバナーぽちっと押していただけたら♪とっても励みになります☆

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


管理人の視聴済み・視聴中ドラマ(現在230以上)一覧(前半部分)はこちら
こんにちは、管理人です。
このブログに関しては
カテゴリのaboutでご確認ください。

ブログランキング

↓のバナー2つをぽちぽちっと押していただけたら♪
とっても励みになります☆

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
twitter
メルフォ
QRコード
QRコード
LINK

. リンクフリーです。
ブログホーム☆click
にお願いします。



livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ